読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

アニメを止めても報道は続いている

mixi日記 雑記

 ◆アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」の第4話が、放送見送りに - Scoopie News - GREE ニュース

 この記事をmixiニュースでみて、またかぁ……と嘆息。アニメ版School Daysの最終話が放送されなかった事(School Days (アニメ) - Wikipedia:5.1 最終話の放送休止参照)を思い出しました。それで、つらつらと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「事実は小説より奇なり」という。まさにその通りだ。いくらフィクションを規制しても、メディアがどんどん猟奇殺人について報道し、関係者の身辺を根掘り葉掘り聞き出し晒していく。
 子供に与えた携帯やスマホでポルノやグロ系サイトなどはフィルタリングで防げるけれども、こういうことを書いているページはフィルタリングされないと思う。2chだってそう。だったら同じ。

 「津山30人殺し」と検索すれば事件内容が細々と書かれたページがでる。そういう残虐な事件のエピソードを集めたサイトは沢山あるし、概要ならウィキペディアにも掲載されている。
 
 完全自殺マニュアルが一時期撤去された事があるけれど、今はシュリンクで包まれて販売されている。他にも、猟奇殺人犯やそういう犯罪についての 本、拷問の本……様々な本がある。サブカル系だけじゃなく、文化系のひとつのジャンル本としても。図書館に収蔵されているものもある。

 「Nice boat事件」もそうだけど、アニメのひとつのエピソードを止めても、影響は微々たるものとしか思えない。ワイドショーが根掘り葉掘りした事を大げさに編集してTVで流すのを止める方がよほどいい。
 
 良い知識も悪い知識も、インターネットで簡単に検索出来てたどり着けてしまう。大切なのは、情報を隠すことでは無く、それらの情報を見ても動揺せず、「自分の中にフィルターを構築する」事ではないだろうか?
 悪い情報や誘いを受けても、毅然として断ることができ、自分を律することができる事。
 それが今の老若男女に必要な事ではないだろうか。

 教育は大学卒業で終わるのではない。死ぬ時、最後の一呼吸まで続くと自分は思っている。
 情報を鵜呑みにせずよく吟味することや、ワイドショーの「根掘り葉掘り報道」ようなゲスいものにサヨナラする気持ちを持って欲しいと自分は思っている。

 LINEやtwitterで流れてきたり、2chで立ったスレを、事実かどうか吟味せず即鵜呑みにして拡散する…… 確かに自分も「釣り」に 引っかかったりするけれど、基本的にネットの情報というのは「話半分」と考えているし、自分の実体験、出来るだけ確かなソースにあたることが重要と思って いる。

 メディアの人達よ、ワイドショーやそういう話題のページは大人だけが見るもので、アニメは子供だけが見るものだという考えをすっぱり止めるべきだ。
 
 まず、大人が賢くなり、自らの行動を律し、心が揺れる10代を導いてあげなければならないと思う。
 今回のケースは複雑な家庭事情もあると思う。学校レベルから、各種相談機関(こども人権11番、チャイルドライン等)が、そういう「揺れている 子供達」をサポートする体制をもっと整えるべきだと感じる。また、子供達にも、「こころは揺れるものであり、不安に感じたらここに相談してみては」と周知 させることや、精神疾患について隠さずに保健体育にの時間で説明してもいいのではと思う。勿論、子供を動揺させたりしないよう、最大限の配慮は必要だと思 う。

 精神疾患について説明すれば、軽い気持ちで「メンヘル」という単語を使うことは減るのでは……と少し思ったりもする。そんな軽い、ジョーダンみたいな単語で済まされない事なのだと。

 100%の子供を救うことはできないかもしれない。しかし、子供のメンタルヘルスサポートを充実させることで、最悪の結末を少しでも無くすことは出来るのではないか、と個人的に感じる。