小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

短句

ヴェネチア

ヴェネチア。 様々な人々と物と金貨が行き交う都。 日の光を受けてきらめく錦に香料、様々な細工に宝石。 東西の知識とささやき。 男達は名誉と富を求めて海へ乗り出し、 女達は帰港した彼らを抱きしめる。 運河に響く鐘の音。 黄金の獅子の旗。 ああ、ヴェ…

冬だけども

ひとたび巣立てば 子育てのため帰らぬ限り 帰る場所なき燕の悲しさよ 波にもまれて 浜辺に着くが幸せか 漂い続くが幸せか ままならぬ南洋の種子の不安さよ

さっきtwitterで

変な事を昨日考えて、なんとなくかいたりとか。 起動時のbeep音 諸行無常の響きありWEBデザイン、 盛者必衰の理をあらはすおごれる客先 衰えずITドカタの睡眠時間 唯春の夜の夢のごとし納期も遂にはやってくる偏に(ITドカタの精神力は)風の前の塵に同じ…

短句

心中で くしゃりと握る 雪便り 鏡見て 愚痴と白髪が 増えたと苦笑し 台所に滑り込む朝日を 手で遮る どうせ東京のことよと 肩すくめ 良くないと分かってても コンビニ頼り

2013-08-04: 短句 2013年08月04日 /2013年8月14日 無題

老松の ねじれし節の その先に 稟として 空突く緑あり 住吉の 御浜に 寄せる波のごと 諸人の打つ 柏手の音 幼子が 笑む度ふえる 老い皺かな よく見えぬ故に 聞こえる音ありて ------------------------------------------------- 四十半ばにして 苦裏多けれ…

短句:2012年05月28日

鶴さえ止まらぬ無残な老松を 風情ありといじめ抜くのは 歌人のみ 独り身のポストにあるは チラシか請求書か むなしさだけか 払暁の鳥の声のみが 我が身をやさしくなだめるも やがて雑音が彼らを散らしてしまう 鼓動さえ聞こえぬ静寂を 求める我が身の狂おしさ

短句:2012年05月20日

通り雨にうたれて 地下鉄の入り口に駆け込む 空を見上げ いつ止むかと 振り返れば こんな事が幾つあっただろう あのときもそう 雨の中走り去るあなたを追えず 横に立った見知らぬ女の 雨にぬれて匂い立つ香水の香りに 僕は顔を覆った

短句:花や草や木や:2012年04月19日

桜は遠くから楽しむものと 河川敷に座り、目を落とせば しらぬ草たちがひしめきあっている。 踏まれても踏まれても 名をとわれなくとも 彼らはしっかり、息づいている。 小さな稲荷社への道を覆う青竹よ 見えぬ風さえとらえて歌う。 山の実りと田畑の実りを…

短句:2012年02月17日

寒風に鋭さを増す松が枝 サイレンの音に未だ慣れぬ夜 現実と日光を遮るカーテンか 狭い湯船で逆に澱み スーパーの売り場のみ春が来て 雛しまう母の心ぞいかあらむ ------------------------------------------------- 瞳を閉じるまえに うとうとと。 ここで…

短句:2011年11月30日

万の秋津追いし友よ いまいずこ 薄暮の静けさのままとまれと欲す 脳ばかり物狂おし なれど身の重さなまりありて 好きな音楽さえ いとわしく それが悲しく 倭姫過ぎし山の風よ ここにも降りよと 橋を越えた先を見よと 井戸より札を上げ

短句:カリヨン:2011年06月05日

カリヨンの音の街に響き 祝うでなく 弔うでなく わびしさを耳に残す 伏せよ。 目を伏せよ。 伏せよ。 顔を伏せよ。 伏せよ。 自らを伏せよ。 広場を行き交う人々は止まらねど 我は耳を押さえ そして 胸を押さえる 大きな扉のすきまにもぐりこみ 教会に入れば…

短句:夜の街:2011年05月31日

月も星もなく 街の灯りを受けて真の闇を知らぬ夜空 あふれるは 人とゴミとたわいのない会話 地下鉄のシートに座る人達は鞄を抱えているけれど、 心に何を抱えているの? 住めば都というけれど 都になじめぬ我は? されど、運命が我をここに導いた。 生き抜く…

短句:2011年05月20日

稲を踏む 風の音 恋しくて 涙するも めだか住む小川にもならず よどみし川わけて 船すすむ音すれど 姿見えず 昔ながらの商店街抜ければ 両手に荷物 いつの間にか増えて

短句:朝露:2011年03月08日

旅立ちの朝 扉を開け 若草しげる道へと 踏み出せば 朝露散りゆく 我が進まねば 露よ 散らずにとどまったか いや、されど 朝の光上れば いやおうなしに露は果てぬ 我が足に 露を忍ばせ 霞払いて 歩み出さん。

短句:2011年02月02日

過ぐ夏を 上目で見送る 蝉殻よ 幼子の 頬をうらやむ 三十路かな 雨音の タタラ 夜半に心地よく 潮風を恋しく思う夏便り 背伸びして 郷を指し見る展望台 魚屋の 鯖 むっちりと 尾を上げて (年不詳 多分30代半ば頃と思う) -------------------------------…

短句:2011年02月10日

伏せし椀に まじない入れて 猫もどり来ぬ。 フィール伝える ハンドルに 安心覚ゆ。 近くて遠きは 帰り道なり。 倭姫 おとずれし山を見て 安心し。 風に叫べど 答え帰らず さするより 己が心の 鐘を鳴らせと。 桜花さえ 散り落つるまで舞踊る いわんや人の人…

短句:2010年11月24日

風がどうせ散らすなら、指で花びらを散らしてしまえ トゲが指先を噛んでも。 踏んだ花びらから、立ち上るかすかなかおりは 先を歩く君には届かない。 ------------------------------------------------- ココアのマグを手で包む 暖かさより君の思い出が カ…

短句:泣かないで:2010年10月05日

泣かないで そう言うけれど 止まらないの 胸の奥から 深い澱みから あふれてくるの 押し黙ってしまう あなた 目を背ける あなた 立ち去ってしまう あなた 何も言えなかった わたし 顔を伏せる わたし 動けなかった わたし 泣かないで 泣きたくないの 泣かな…

短句:風:2010年09月27日

桜の花びらを水面に散らす風 竹林の中を駆け抜ける風 青々とした稲穂の波をかき分ける風 よどんだため池にさざ波を立てる風 雪と共に舞い踊る風 吹いて 吹いて 吹いて どこから どこへと いいえ 来し方行く末などどうでもいい ただ 散らして 駆け抜け 踊って…

短句:それでいいから:2010年09月27日

希望なんて ショーウインドゥのマネキンが着ている服 彼女たちが着ているから 綺麗に見えるだけ 幸せなんて 遠くから望む、遙かか彼方まで広がる花畑 近づいて足元を見れば 枯れ、踏みつけられた花々が 見つめないで 近づかないで 思うだけで 眺めるだけで …

短句:Lost:2010年09月10日

思い出すのは 海の色 暗い冬の海の色 その海にゆっくりと沈んでいく 水圧は胸から空気と言葉を奪い 酷冷は身から体温と感情を奪う 目は光を追うも 光は私を見捨てる 耳は音を求めるも 音は既に姿を消した 後は何が残っているのだろう 後には何があるのだろう…

短句:やまどり:2010年09月08日

やまどりよ いまいちど ひとこえ鳴けよ やまどりよ お前を求め 深谷めぐるか お前を待って こころ悩ますか 谷をめぐりて 迷い人となるか 待ちつづけて 草となるか やまどりよ おまえはいずこ やまどりよ

短句:2008年12月15日

・寄り添うふくら雀のうらやましけり ・薬だけで腹八分目の朝哉 ・広い寝床になりてもちぢこまりて眠る也 ・水道水の冷たさに故郷を想う ・クレヨンを持てども画用紙の無い若人や ------------------------------- 知人にエクスパックで荷物を送った後ふと思…

短句:2008年10月22日

・身体が薬の時間だとわめいて時を知る也 ・夕暮れに蝙蝠の悲しきひとり舞 ・何故メモしたか忘れてメモ紙繰り ・爪磨く時のみ女心感ずる也 ・調剤薬局を出て心底ほっとする也 ・畑主を横目で見つつ餌ついばむ鴉 ・謝るのならお騒がせするなと選挙カーに内心…

短句:一歩:2008年10月15日

やっと歩き出せる。 逡巡の時期は終わり、私は決めた。 歩きだそう。 また以前のように 伏し倒れ、動けないときもあるだろう。 その時は休むしかない。 でも、落ち着いたらまた、歩きだそう。 自分の横の風景が変わるまで 何年かかるか分からないが 誰のため…

雑記:私は私。:2007年11月18日

スカートを履かないのは似合わないから。 化粧をしないのも似合わないから。 シーブリーズは大好きだけれど香水は大嫌い。 チノパン、シンプルなニット、運転しやすい靴。 爪は短く、何も塗らない。 すっきりとした格好をするのは大切だけれども、飾り立てた…

短句:なんとなく。:2007年09月24日

無理矢理つなぎ合わせた器に よどんだ液体がたゆたっている 軋むつなぎ目から液体がにじみ出る 縁が欠けてこぼれ落ちていく いつ落下して器が飛散するか いつ倒れて液体がこぼれるか それとも 乾いた空気の中で 液体が蒸発し 器が脆く崩れ去るか 今日も危な…