読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

怒った時に書くテンプレ?

日々

 2chの相談テンプレみたいに、「誰かに自分の怒りを伝えたいときのテンプレ」みたいなのがあればいいのにな。
 怒りの度合いとか、「どこ(場所)で感じた」「何をしてるときに」「自分はどうしたいか」とかとかポイントにそって記入。
 怒ってる最中でも、文字に書き起こすことで整理が少ししやすいんじゃないかなって個人的に思う。「気に入らないったら気に入らないの!」ですませず、共同生活をスムーズにするために、相手に伝わりやすいように工夫する事も大事だと思うんだ。
 「夫婦/親子だからそれくらい察してよ!」というのは甘え。夫婦だからこそ分かりづらいんじゃないかな。互いの距離が近いから、山を麓から見上げる感? が薄れるというか。
 親しき仲にも礼儀あり、というより、親しいからこそ気をつけるべき事が沢山あると思う。
----------- 
 というのをTwitterに書きました。怒りの度合いは、うーん、そのときは怒り沸騰中だから数値に表しにくいし要らないかも。

 ・いつ怒った?
 ・誰に対して怒った?
 ・どこで怒った?
 ・自分が何をしてる時に怒った?
 ・選択:やりたくても出来なかった/やって欲しかったのに断られた/やられたくなかった/やられたくないのにその時断れなかった/その他
 ・怒ったポイントを出来るだけ箇条書き
 ・どういう状態なら怒らなかったか箇条書き
 
 大事なのは、誰が悪いとか自分が悪くないとか「白黒」付ける事は横に置いておいて、怒りが沸いた状況を周囲に理解してもらえる為に書こうという気持ちを持つことでしょうか。怒りながら書くのは難しいことだと思いますが……
 このテンプレはあくまで話し合いの席で使うツールであって、出発点でしかないことも忘れずに、かな?
 相手をねじ伏せてはダメだと思うのです。相手と歩み寄る。少しでも互いが気持ちよく生活できるために問題点を話し合う。「どうせ男にはわからないよね」とか、性別や年齢でシャットダウンしない……などなど。
 
 共同生活をする上では、良い意味での妥協点を見つける事が大事だと常々思っています。「全員が賛成」って中々難しいと思うんですよ。特に生活ルールとか。例えば、衣類洗い物入れカゴでも、靴下や泥汚れのものを入れるカゴと下着入れ、タオル入れ……分けるのが当たり前に育った方と、しっちゃかめっちゃかポイポイのポイで育った方と一緒に暮らして「「自分の方が正しいー!」」って怒っても仕方なく。せめて2つか3つに分ける。色&種別プレート付きで見分けやすいものにするなどする……そいういう妥協点ってあるかと思うのです。
 
 兎に角まあ、「何をして欲しいか、何をしてはダメか」というのを相手に分かってもらい、そこから出発して妥協点を見つける。すんごくしんどい作業だと思いますが、怒ってばかり、相手は理解してくれないとすねてても始まらないと思うのです。

 
 10年位の夫婦生活や、亡き母との生活で、ああ、もっと話し合った方がよかったかな……と反省する事が最近多いんですよね。その場から離れ、時間が経ってから色々とメソメソと思うのです。
 離れて久しいからこういうネタを思うことができるのかな。うーむ。

ふわふわっと、生きていく

「人力検索はてな」より

 こころの病気で悩んだり、自死を考えたりという質問は定期的にあります。見かけたら出来るだけ回答することにしています。ただ、そのときそのときのヒラメキによって、回答は若干異なったりすることがありますね。メモ代わりに今回の回答を残しておこうと思い、コピペ。

 ----------------------------------------------

 ウツ患者の40代後半のおばさんです。

 自分は、30代前半に母を病気で亡くした後、兄弟と遺産相続でモメたり、急な引っ越しなどがあり、とても辛くて死にたいと思った事があります。正確には「死ぬか、出家したい」ですね。

 でも、禅寺の尼さまに、「あなたは肩に力が入りすぎている。もっと力を抜いて生きなさい」と諭されました。また、出家については、自分のような生半可な考えなどを持つ者ではダメだと怒られてしまいました。

 自分が辛く苦しい状態であるということを誰かに認めてもらい、自分の中でその事実がストンと落ち着くことが大切なのかもと、当時を振り返って思います。

 尼さまにお会いして、自分のつらさを分って頂いたこと、そして、マニュアル的に考えたり、「かくあるべし!」と決めつけて考えたりしないで、もっとオキラクにふわふわっと生きてもいいのだと、自分が認めた人に背中を押してもらえたんだとも考えます。

 どこに行けばそういう方に出会えるかはわかりません。
 こればかりは、ご縁としか言いようがありません。

 しかし、「生きていたい」「明日を感じたい」そういうお気持ち=意識を持ち続けることで、ご縁に出会える確率は高くなると自分は信じたいです。

-----------

 自分が通院しているクリニックには、カウンセラーがいて、何度かお世話になったことがあります。45分ほどで5000円かかりますが、苦しみを吐き出すことは、こころの病気をもつ患者にとって大事な事だと自分は考えています。こころが少し楽になるなら、カウンセラーに辛さを吐き出して、うーんと泣いても良いのではと思います。

 苦しみでがんじがらめになった心が、そういう事で少し楽になったとき、次のステップは「人間は弱い。そして、弱くても良いんだ」と、ある意味開き直る事だと個人的に思います。

 歳を取って少しは丸くなったかなと思う時もありますが、やっぱり、ガンコで意地っ張りで、泣き虫で、執着する心があって……というダメダメ面はあったりするのです。

 でも、弱くて、ダメダメだと自覚するからこそ、学び、悩み、模索する心が生まれると思います。
 「どうすれば、明日がもう少しイイカンジになるだろう?」と、考える事から始まるのです……
 弱くても、ビリッケツでも、1mmしか動けなくても、少しでも前に、生きる方向へ進むことができたらラッキーだ、と考えるようにしています。

 1)まずは、しっかりと治療に取り組むこと。納得がいく治療を受けることができる病院を探すこと。
 2)恥ずかしいかもしれないけれど、辛さや苦しさ、悩みを担当医やカウンセラーに吐き出してみること。沢山沢山、泣くこと。
 3)自分が何をしたいのか、ぼんやりとでも良いので考えてみること。実行出来ない事でもOK
 4)焦らないこと。焦って失敗するより、気持ちが落ち着いて、物事をきちんと判断できるようになるまで、ゆっくり休むこと。
 5)自分を見捨てないこと。自分を守ること。

 長くなりましたが、自分のお話が少しでもヒントになれば幸いです。 

----------------------------------------------

 あのときお世話になった尼寺はどうなっているのか、庵主様はどうしてらっしゃるのか分りません。ただ、観音様への信仰が希望の糸となって最後まで自分の中にのこり、その糸があの尼寺への道を示してくれたのだろうと思うのです。とてもとても有り難い事です。

 こんな、グータラマイペースアバンギャルド仏教徒の自分でも、不思議な事は起きるのだなぁと思います。

 自分が生きること。自分が見守られていること。
 自分からの力、そして自分以外からの力。

 両方が重なり合って、自分の人生の道が日々作られているのかもしれませんね。

恋するのが怖いというご質問への回答

「人力検索はてな」より

 人力検索はてなの「恋愛 恋に対して恐怖感があります。 話すようなことは普通にできてもそこから踏み出すことができません。人を好きになれなくなりそうで怖いです」というご質問に対して。

--------------------------

  40代後半のおばさんです。

 「恋愛対象として好きになる人が現れるまで、好きになる気持ちを無理にスイッチオンさせる必要はないのでは?」と自分は考えます。

 周囲が「**歳になるのだから、結婚を視野において恋をしなきゃ!」といっても、検定試験を受けるわけじゃないのですから、無理に恋をする必要はないと思うのです。
 自分が初めて異性とつきあったのは21歳の頃です。その後も、異性はまず「友人として」つきあうことが多く、その後、ピピッときた(としかいいようがありません)人と恋愛までいったという感じですね。

 この「ピピッと感」を文章で説明するのは難しいです。
 おばさんの今、若かった頃を振り返ると「あの時、あの人と恋愛してみたかったなあ」と思ったりしますが、その当時「ピピッと」こなかったので、恋愛関係にならなかったんですよね。
 手を繋いだり~性的接触まで距離感を縮めたいとか、自分が他の人には話せない話を共有したいとか、「この人となら、喜びも悲しみも共有したい、共に解決したり悩んだりしたい」と思うことでしょうか……

 今、怖いとおもってらっしゃるなら、無理に恋に近づかなくて良いと思います。
 ただ、リアルやネットで、様々な人と接したり、小説やノンフィクション等読んだりして、人間関係構築について学んだり考えたりすることだけは続けて欲しいと思います。

 そのうち、質問者さんの中で「ピピッと感」センサーが生まれるかもしれません。
 今は「恋をしなきゃ!」とか「リア充にならなきゃ、周囲に遅れる」と焦らないほうが良いと個人的に思います。
 特に、周囲の人達の言葉に惑わされないようにしてください。20代後半に周囲が結婚するので、自分も焦って結婚したけれど不満点が……という相談はよくあることなのです。
 質問者さんの人生は、宇宙が始まってから終わるまで、たった一度きりのものです。恋はマニュアルなんて無いと思っています。芽吹くまで自然に任せてみてはいかがでしょうか。

----コメント欄で----

 オマケ……自分自身の経験から。

 今はひとり暮らしをしていますが、結婚していた時期があります。
 中学や高校の頃、クラスメイトや同期でカップルは確かにいましたが、自分が恋愛するなんて、ましてや結婚するなんて思っても居ませんでした。
 ところが、高校の同期の中では比較的早めに結婚し……離婚も一番最初でした(笑)
 人生って、不思議なものです。何が起きるか分りません。

 質問者さんの人生で「これからおこりうるであろうこと」に恐れ、おびえてしまうのは、おばさんとして理解出来ます。自分も離婚を決断するとき、沢山悩みました。周囲に迷惑をかけてしまうとか、実家のご近所にヘンに思われたら嫌だなとか……
 でも、そこで思考停止して、動かずにいたら、問題解決への道も閉ざされてしまうのではと思うのです。

 辛い事や怖い事が人生には沢山あります。むしろ、幸せと感じる時間の方が少ないと、おばさんは自分の人生を振り返り思います。
 けれど、あきらめないで、周囲に頼れる人がいないか、よーーーく探したり、ネットで検索していくと、解決の糸口が見えたり、アドバイスをくださる人に出会えたりします。
 自分はそうやって、助けていただいて何とかこれまで生きてきました。

 質問者さんのこれからの人生に何が待ち受けているか分りません。
 しかし、困ったり悲しい時、落ち着いて周囲をみわたせば、きっと解決の糸口や、出口に導いてくれる手が見えると思います。
 今はこうやってインターネットで相談もできます。
 
 また、悩みが出来たら、相談にきてみてください。 

--------------------------

 人生って、本当にフシギだと思う。10年前、自分が大阪でひとり暮らししてるなんて思いもよらなかったし、20代の始め、大阪の賃貸を引き払う時、再び自分が大阪暮らしをするなんて予想だにしなかった。

 高校時代、結婚なんて自分から一番縁遠い事だと笑っていたし……本当、変な方向にばかり進んでしまって、苦笑しか出ない。

 でも、それが自分の人生。

 60歳になる事ができた時、どういう暮らしをしているか分らない。でもいい。「きっとこうに違いない」とか「あのようにすべきだ」と構えず、ゆるゆる歳をとって、世の中の移り変わりを観察したり、楽しい出来事で破顔したりすればいい。

 もしかしたら、また恋をするかもしれない。それはそれで。良いご縁に巡り会えたとストンと喜ぶだけ。

 もしかしたら、また失恋するかもしれない。そしたら、また悲しいけど……それも人生だと、沢山泣いて、うじうじして、歯がみして、また泣いて……それでいいよ。何歳になっても、失恋は辛いから。

 出来るだけ長生きしたい。悲しいことが沢山あるだろうけど、もしかしたら……月へ旅行する人が出る時代になるかもしれない。自分はお金がないから無理だろうけれど、旅行会社でパンフレットもらって、ニヤニヤするくらい、いいじゃない。

 それ位、カタスミに生きてる自分だけど、人生は、世界は、ワクワクが見つかる宝箱ってこと。

ガンにおびえる10年と、その先

雑記

 DJサエキング氏の「もし働き盛りのサラリーマンが「末期がん」と宣告されたら」というコラムがJ-castで連載されていたのだけれど、いつの間にか休載になり、今では記事があったページごと削除されていて過去ログも読めない。ガンの重粒子線治療というのを初めて知ったきっかけだったのでもう少しそれについて手続きから処置の感覚、申し込んでから実際に施術? されるまで何日位かかったかなど細かい事を患者視点で語っていただきたかったのだが……
 それがなくても、働き盛りで子供も居る多忙なサラリーマンがガンになったらどうなるか、という点で読みやすいコラムだったと思う。しかし、ご遺族のご希望なのかJ-castの都合なのか、ログまで消えてしまうのは非常に残念だ。

 親父をガンで亡くしてから、ガン治療について、読みやすいものを見つけたりすると目を通すようにしてる。「ガン治療の中には、ガン細胞だけでなく元気な細胞ごとポイしてしまうのもある」なんていう話も見て複雑な心境になる。また、今回このコラムで知った重粒子線治療のお値段が目ン玉ピャーーーーーーッってほどの値段だと知ってこれまた複雑な心境になる。先日に初出になった2chニュー速+の「ガン治療するより放っておいた方が~」的なスレをみて、そうかも知れないと思いもする。痛みなどの対処療法のみおこない、後は自分の残り少ない体力や「身体を元気にしようとする力」を引き出すための東洋医学的な食事療法、日光浴や軽い散歩などが良いのかも知れないと考え始めている。
 
 東洋医学に対する自分の思いは強い。これは、自分が子供の頃から神話などに惹かれたり、様々な宗教についてちょいちょいと触れたりしたことがファーストステップだが、親父が、亡くなる数年前に東洋医学を学んで勤務先の病院でやるようになったからだろう。親父が自分の脚や額に「うどんげの華」のような鍼をツボにさしていくと少し楽になる。指でツボを押すとピリッとくるが、ツボじゃないところを同じように押しても押してる感じだけでピリッとこない。このフシギ感覚が面白くてしょうが無いのだ。……理数が苦手な自分なので、感覚でOKなら納得してしまう。鍼が自分にとって東洋医学への信頼のセカンドステップとなった。ただ、西洋医学の良いところも大事だと感じている。緊急性があったり、手術などはやはり西洋医学だなあと。
 自分的理想は、手術の前後に東洋医学を持って行くことだろう。食事療法を中心にして体力をゆっくり戻していくとか。部位によってはマッサージや鍼灸治療も良いと思う。リハビリって外科的治療だけでなく、内科の治療でも取り入れて欲しいなぁと思ってる。
 自分が子宮筋腫の手術をした時のことを思うと、「食べるにも体力がいる」というのが結構問題だと感じている(昨年衰弱したときもそうだった)。手術後や衰弱時、おかゆでも辛かったので、なにかこう……手段はないだろうかと。エキスが詰まったスープのような。
 C型肝炎から肝硬変、肝がんへ移って亡くなった母だが、最後の頃、出来る事ならということで母を漢方薬局に連れて行ったのも上記の理由だ。お通じがよくなく、体力がどんどんおちていくこともあって、まあ、それを少しでも改善できるであろうものを購入したりした。週に2回の点滴や沢山の処方薬といっしょにそれも飲んでくれた。母の心境は分からない。ただ、無いよりましだったかもと思う…… 今なら、自分が今食べている機能性ヨーグルトとか、乳酸菌錠剤、漢方茶などを勧めただろう。

 さておき、親父がガンで亡くなった歳まであと10年ほどなのだ。恐ろしい。正直恐ろしい。怖い。
 しかも独居で、なにかあって部屋で死んだらヤバいことになる……特殊清掃のお世話には本当、なりたくないのだ。まじで。ということで、とうとうそのときが来たかなぁとなれば、出来れば宗教者が居てくださる病院で東洋医学と西洋医学のイイトコドリをした治療を受けつつ、末期近くになったらお坊さんとお話できたらと思う訳で。

 10年なんてあっという間。だから今から「死ぬ時はこうありたい」というのを福祉関係の担当者と話したりしている。

相談サイトのご利用はほどほどにと感じる

「人力検索はてな」より 雑記

 質問サイトの回答をしているので、質問サイト自体を否定することはしない。ただ、加減というものをわかってほしいと感じる。なんでもかんでも質問すればいいというものではない、ということだ。
 ある質問でこう回答した。

 質問サイトなら何でも解答が来るというのは頭から外してしまいましょう。
 本当に相談したり意見を求めなければいけない相手をきちんと見極めてください。

 社内で社員が相談して考えるべき問題と自分は感じた。それをネットで回答募集してもどうしようもないのではと。

 恋愛相談や人生相談など、他人になかなか話せない相談の場合はこういう質問サイトを利用したくなる気持ちはわかる。また、一つ問題が解決してもまた出てくるというのも理解できる。勿論これについても、ある程度回答を提示した上で、家族と話し合うとか、内省して考えてみるとかいう話の流れになり、ずるずる質問するのは良くないとも思う。

 昔は電話相談があったけれど、今はこういう時代になって、電話で「全く知らない人の声を聞くのが嫌。他人と会話すのが面倒」なのだろうかとふと疑問に思った。こうなると、ヤングテレホンとか人生相談系の電話相談機関は、メール相談も受け入れなくてはいけないかも知れない。ただ、電話回線は通話中ということで相談件数を絞ることが出来るけれど、メールはそうはいかない。すべてのメールに返事をとなれば、殺人的スケジュールになってしまうと予想する。1日規定数しか受け入れないメールフォームとかじゃないとだめかも知れない。もしくは、限定されたQRコードを発行するとか云々。
 便利な時代になった分、疎遠になったり不便になったりする事が多いと感じる。昭和から平成を見てきた自分だから感じるのだろうか…… 戦前生まれの方は、今の時代をどう感じているのだろうと尋ねてみたい。が……ある意味、戦前戦中戦後~高度成長期~不況と好況、昭和~平成と大きな変化を何度も体験してきたから「まあ、そんなもんさね」と笑って終わってしまうかも知れない。
 自分が中途半端に歳をとってるってことだろうか。少し面倒だなぁ……

 ともあれ、相談サイトのご利用はほどほどに、と感じる。

おっちゃん、待ちたくなければ病院変えていいんだよ?

日々 雑記

 先週の月曜日が祝日だったためでしょうか。今日、通院中の総合病院へ行ったら2時間半位待ちました。そしたらまあ……先生に診療中文句をいう患者さんがいらして辟易しました。先生もいい加減ピキピキっときて、「他の患者さんもまってらっしゃいますし!」等々。待合室に戻ったその患者さんを、女性看護師さんがフォローしてましたけど……ううむ、さすがベテラン看護師さん。うまいなぁ。それでもまだブツブツいってましたけど(笑) 自分の親父さんなら、カルテでばちこーん! ってそのおっちゃんたたいて「かえれっ!」って一喝したかも(笑) え? そこまでオレは過激じゃない? うーん、ごめんよーオヤジっ……

 でもねー、週明けの総合病院ってこんなもんだと思うんですよね。しかも、若い人のお手本にならなきゃならない年長者がガーガーガーガー言うってどういうことよ、とね。近頃の若い者はなんて今は言えないですよ。近頃の文句ばっか垂れ流す連中わ! ってね。

 不満はいつでもどこでもありますし起こりえます。でも、そう言うときに文句を言う時間があるなら、どうすれば自分の抱えた不満がよい方向にむくか考えるべきだと自分は考えます。 改善策を練るのが先でしょうと。

 中待合のおっちゃんも不満垂れ流してましたが「特に思い入れのある先生がいらっしゃらないなら、病院かえてみてはいかがでしょうか? それは患者さんの自由なのですから」というようなことをソフトにヒトコト。

 自分はこの総合病院のスタッフの皆さんがとても親切な方なのでとても気に入っています。だから、つらくて行けないときもあるけど、行けるときはつらい乗り換えや混雑で震えながらも行きます。

 

 なんったって、近所においしいパン屋さんと、おいしいラーメン屋さんがあるからねっ! えへへへ……

さっきtwitterで

短句 雑記

変な事を昨日考えて、なんとなくかいたりとか。

 

起動時のbeep音 諸行無常の響きあり
WEBデザイン、 盛者必衰の理をあらはす
おごれる客先 衰えず
ITドカタの睡眠時間 唯春の夜の夢のごとし
納期も遂にはやってくる
偏に(ITドカタの精神力は)風の前の塵に同じ

ヽ(`Д´)ノ

──────────────────

自分はマ屋の人じゃないし、マ屋の女房から離れて久しく
今はどういう感じなのか、てんでわからないけれど

「法人」という目には見えない存在ばかりぶっくぶくに太り
そして、法人は嗜好品を飲み食いしないし、ネトゲのガチャを毎月数万まわしたりもしないので
「金は天下の回り物」という輪から離れる。

そういう法人を快適にするため支える人々はやつれて
政治に関心はあるけれど、どの政党が自分の生活を良くしてくれるか分からない
経済成長率とかのおおざっぱな目安なんか知ったこっちゃない。
自分の生活を良くしてくれ! 人々は街頭演説にチッ、と舌打ちし
眠い目をこすって出社/退社する。
「おい、政治家よ。お前がコントロールできる金でオレの家を救ってくれるのか? それが確実なら投票するけど」

結婚して、子供が生まれ、30代後半で不動産購入の目星がつき
子供を大学まで送り、住宅ローンを払い終えてから年金生活に入る。
そういうライフプランが送りたい!

産めよ増やせよ働けよと政治家達は言うが
近所づきあい、親戚づきあい、ギスギスガチガチ寒い風
誰に頼れば良いのやら

──────────────────

本当、どうなってくのだろう。この世界