読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

抜け道は常にある

日々 雑記

 相変わらず強膜炎は続いています。少しずつ治ってはいるんですが。今月中に治ったら御の字かなぁとか。昨日検査をしたんですが、白目の所のみで眼球周辺は特に何も無く、服薬、点眼と眼軟膏塗布だけでねばるしかないみたい。今までは居室にいる間はなにもしてなかったんですが、やっぱやったほうがいいかなーと思い、担当医の指示はなかったけれど、点眼とかした後、右眼まぶたを閉じた状態でサージカルテープを貼り、封印。昨日からやってるんですが、今のところ痛み止めが必要なほどの痛みはありません。週末は痛くて痛み止めを朝晩飲んでましたからねえ。

-------------------------------------------------

 さて、片目の状態でもやっぱPC依存は抜けなくて(笑)、ふらふらと艦これとかやりつつ、ネットのニュースとか色々呼んだり。

 みずほが(暴)に融資してたっつことで色々あった話がサイドバーにあったんで、そこからジャンプしてったわけなんですけど。んで、準(暴)ってことで、今までひっぱれなかったヤバイ連中を引っ張れるようにしていくみたいですねえ。(暴)は条例とかで色々シバリをつけてきたけど、不良外国人グループとか、芸能人引っ張り込んでナンダカンダしてるトコとか、まあそういう所にシバリが今までつけれず、後手後手だったっていう感じでしたよね。けど、あれらって、結局「抜け道」だと思うんですよ。(暴)のままじゃ身動きが取れにくくなりましたから。そして、連中の中で派手な奴らに賑やかな所で騒いでもらってそちらに眼を向けさせ、どこにでも居そうな特徴のない奴が鞄の遣り取りをしてればいいんじゃないかな。自分ならそうしますね。結局は、鴨なり狐なりが手に入れば良い訳で。遠くから銃で撃って、猟犬が持ってくればいいだけの話。今回、やっと準(暴)ていうのが定まったってことになったけれど、海外の組織と繋がってるところもあるだろうし、国内の(暴)と繋がってるところもあると思います。とはいえ手に「鴨なり狐なり」持ってる状態の猟犬を押さえなきゃどうしようもないのは変わらないですから。館に持ち運ばれたら押さえるのは難しいのは変わらないでしょうね。

-------------------------------------------------

 脱法ドラッグ取り締まりもやっと動き出したかなと思ったのですが、簡易鑑定キットじゃ限界が出てきたという話を聞いてちょっと困ったなと思ったり。「なぜ? 相次ぐ薬物事件の誤認逮捕 新種ドラッグ蔓延、鑑定技術追いつかず:MSN産経」の記事なんですが。何故大変なのかは記事中にあります。

 この中で気になるのは、脱法ハーブっていう存在。昔はラッシュとかの揮発性液体とかハーバルエクスタシーとかよく聞きましたよねえ。んで、今はこれがトレンド? 大麻と似たような使い方をするみたいだけど。煙草をバラして脱法ハーブを混ぜて、ロールし直して吸うとか。手巻き煙草自体は違法ではないし(ローラーで手巻き煙草作る動画見たことがあるけど、あの作業は楽しそう)、それに使うペーパーやローラーを取り締まることは不可能だと思うんですよね。また、「合成カンナビノイド」というのがクセモノ。詳細は「脱法ハーブ:ウィキペディア」に。そこから少し引用。

脱法ハーブと称して、合成カンナビノイドを人工的に添加したハーブの破片が流通している[5][4]。こうした合成カンナビノイドは、大麻の薬理成分に模擬した新薬の開発の過程で報告されたものである[22][5]

(中略)

 合成カンナビノイドの合成が盛んである背景は新薬が理由である[3]。 脱法ハーブだけにおよばず、この種の法をすり抜けて売られている脱法ドラッグのおおよそは、のちに医薬品になったか、ならなかったかに限らず、その正統な製薬開発の過程で生まれたもので、これに目を付けた製造者が合成するため流通している[27]

(中略)

 接頭辞がCPのものはファイザー製薬、HUのものはヘブライ大学が合成したものである[5]。接頭辞がJWHのものは、クレムゾン大学ジョン・ウィリアム・ホフマン英語: John W. Huffman)が開発したもので、アメリカ国立薬物乱用研究所英語: National Institute on Drug Abuse)(NIDA)の資金提供によって、カンナビノイド受容体に作用する薬を発見しようとし463種類合成されている[29]。AMであるものは、Makriyannis Alexandrosが合成したものである[3]

  そりゃ、簡易鑑定キットじゃ無理ですわ-。

-------------------------------------------------

 そんな訳で、色んな所でいたちごっこが続いてるってお話。

 この世界、善と悪、どちらか一つだけ残ることは絶対にないと自分は思ってる。油断しているとドブに転げ落ちるのは人生の常だとも。だから、防犯意識を持ったり危機管理について考えておくのは重要だとも思ってる。

 「常に備えよ」