読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

2013-04-02:父の意思

 ◆大人は嘘を、ついてよいのでしょうか? - 人力検索はてな
 http://q.hatena.ne.jp/1364838209

 自分の回答----------------------------

 ケースバイケースとしか言いようがありません。
 
 個人的な体験でいえば、ガンで亡くなった父は、自分がガンであることを家族にはしらせていなかったのです。良性の腫瘍であり、切除手術をすれば良くなると家族に伝えていました。
 母や兄弟達が知ったのは、父が亡くなる数ヶ月前、一度退院したものの、体調が急変し倒れたため、不審に思った母が担当医を問い詰めてやっと医師が話してくれたからです。
 「ご主人から、家族には絶対に言ってくれるなと釘をさされていたのです」と。

 このウソは、良いウソなのか悪いウソなのか。
 父からの目線、母からの目線、兄弟や自分の目線、それぞれで考えたとき、答えは違ってくると思うのです。
 自分は、ウソを付いて欲しくなかった。しかし、父の意思が悪意からでは無かった場合、父を責めることはできるでしょうか。

 ガンを始め、余命がわずかという辛い病気の告知については今でも問題になっており、中には訴訟になったケースもあります。
 
 このときの告知をするかどうか……

 それは「ウソをつく、つかないのレベルではない」という方もいるでしょう。しかし、余命告知と同じような重要な局面で、虚偽を伝えるか否かの判断に直面することは生きていく上で必ずあるのではと思うのです。

 その場合はもう、父の口から真実が述べられなかった事と同様、その局面に居合わせた人の意思にゆだねるしかないと思っています。そして、そうすることが良かった、悪かったというのは他の人があれこれ口出ししない方が良いことが多々有るとも同時に思うのです。