読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

2012-11-14 :3種の人々。

雑記

 平凡な人間だけでは、世の中に変化が……クリエイティブな何かとか、アイデアとか、ターニングポイントは訪れないと思う。ある意味偏執狂、馬鹿、トンチンカン、そういう人が火花を起こすのだと思う。

 だが、そういう変わり者ばかりでは逆に物事が進まない。故に、潤滑油、仲介者、妥協点を引き出す者などが必要になる。それを「変な人サポーター」としてみよう。

 平凡な人も重要だ。主婦/主夫は一件平凡に見えるけれど、彼らが家事をこなしてくれるから家族はほっとできる。……まあ、たまにメシマズ嫁がいたりするけど(笑) 他にも、ごくありきたりなサラリーマンの人とか、ニートとか、色々居たりするよね。

 さて。問題なのは「変な人」と「平凡な人」、「変な人サポーター」の限りなくベストに近い割合がどれ位なのか、ということだ。時代は常に変わる。人口、経済、消費、政治、紛争、e.t.c.……様々な要因があるから、今日ベストであっても明日どうなるか分からない。

 ただ、大抵の人は平凡だろうし、なおかつ、その平凡で特にトラブルの無い日々がとても大切で大事なことなのだということを分かっているか疑問だと個人的に思っている。