読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小料理屋さつきの天井裏

「小料理屋さつき」では扱わない小ネタとかmixiからの転載等。

短句:2011年02月02日

 過ぐ夏を 上目で見送る 蝉殻よ
 幼子の 頬をうらやむ 三十路かな
 雨音の タタラ 夜半に心地よく

 潮風を恋しく思う夏便り
 背伸びして 郷を指し見る展望台
 魚屋の 鯖 むっちりと 尾を上げて

 (年不詳 多分30代半ば頃と思う)
 
-------------------------------------------------
 
 旅立つ人よ
 道はほの暗く 険しい
 道連れは無く 手元の灯りもかぼそい
 ふりかえれば 故郷の街が見えるが
 君はそこへは戻れない
 旅立つ人よ
 旅は孤独なものだ
 行き着く先もあやふやで
 懐も心もとない
 頼るよすがは己が足のみ
 足が弱ればその手のみ
 しかれども 旅立つ君よ
 常に月と星は君の道をかすかに照らし
 崩れる道から君を守るだろう
 そして希望こそは
 次の一歩への力へとなるのだ

 (1997 3.22 for graduates)